タグ

タグ:事務所

【寺西南都】私はこうして作家になったpart4

カテゴリ:
作家仲間である市川さんに、NHKのテレビ番組の仕事を紹介してもらい、
ついにNHKのテレビ番組で、構成作家デビュー!を果たすも厳しい現実に直面。
現場で打ちのめされる日々……。
「やっぱり作家向いてないのかも…」
ネガティブになっていた私に転機が訪れる。

【寺西南都】私はこうして作家になったpart3

カテゴリ:
ドラマが好きという理由だけで、プロの作家を目指した私。
シナリオセンターに通い、脚本家として生きていくためのスキルを学んだ。
しかし、作家として生きていくことはそう容易いものではなかったのだ。 

【寺西南都】私はこうして作家になったpart2

カテゴリ:
六本木の会社で事務の仕事をしながら、週末は合コンに明け暮れていた私だったが
ある日、先輩の助言からそんな生活に別れを告げることに。
そこから様々な経緯を経て、なぜかプロの作家を目指すことになる。

【寺西南都】私はこうして作家になったpart1

カテゴリ:
作家・脚本家の寺西南都です。
一般的に作家という職業の方は
特殊な能力や経歴を持っている方が多いのですが
私自身はとても平凡な人間です。
そんな私がなぜ作家として活動できるまでに至ったのか
この連載でその経緯をご紹介させていただきます。 

【米内山陽子】私はこうして作家になったpart4

カテゴリ:
劇団の旗揚げ、結婚、妊娠など、様々な経験を経て
一時期は演劇から遠ざかっていた時期もありました。
そして、出産を機に、私は仕事に対する向き合い方を変えました。
そこから、私の脚本家としての本格的なキャリアがスタートします。 

カテゴリ:
高校時代、私は俳優を目指し
ミュージカルの子役としてキャリアをスタートしました。
しかし、歌や踊りが思うように上達せず悩む日々。
そんな時、高校の演劇大会で「生徒創作」に出会いました。 

【ブラジリィー・アン・山田】私はこうして作家になったpart4

カテゴリ:
20代の頃からコツコツやってきた劇団活動が評価され、
映像脚本を書いてみないかと声がかかるようになり
なんとか“生業”としての作家になることができました。

【ブラジリィー・アン・山田】私はこうして作家になったpart3

カテゴリ:
『作家になれた』――この言葉を定義するのはなかなか難しいのですが、
元々、俳優として活動していた私が、
その後、作家として成長したと実感するきっかけは3つあります。

このページのトップヘ

見出し画像
×