カテゴリ:
ブラジリィー・アン・山田と申します。
たびたび「本名ですか?」と聞かれますが、モチロン本名ではありません。
ペンネームです。

作家ブラジリィー・アン・山田の自己紹介

大学入試勉強中にたまたま聞いてしまった鴻上尚史さんのオールナイトニッポンにはまり、
早稲田大学演劇研究会に入り、劇団「双数姉妹」「東京オレンジ」で俳優として活動したあと、
「ブラジリィー・アン・山田」という奇抜な名前で劇団「ブラジル」を主宰。

2007年、「世にも奇妙な物語」で、石原さとみさん主演『未来同窓会』で映像脚本デビューし、今に至ります。
主な映像脚本は、
『相棒』
『RAILWAYS』
『世にも奇妙な物語』
『東京センチメンタル』
『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官 楯岡絵麻』
などです。
 
趣味は、カレーとプロレスと猫。
特技は、手抜き料理と三点倒立です。

元々は劇団に所属し、俳優として食っていくことを目指していた私が
なぜ作家の道を歩むことになったのか?
そこには様々な挫折や成功体験があったのですが
くわしい経緯は次回ご説明します。

part2へつづく…