カテゴリ:


昨年、「是枝裕和×ケン・ローチ 映画と社会を語る」という番組を偶然見ていました。
その中でのケン・ローチ監督の言葉がこちら

「私は弱い立場の人を単なる被害者として描くことはしません。
何故ならそれが、特権階級の望むことだからです。
彼らは貧困層の物語が大好きで、チャリティに寄付し、涙を流したがります。
でも最も嫌うのは、弱者が力を持つことです。
だからこそ映画を通し、ごく普通の人が持つ力を示すことに努めてきたのです。」


「わたしは、ダニエル・ブレイク」




 私はダニエル・ブレイク、人間だ。犬ではない。
当たり前の権利を要求する。敬意ある態度というものを。
2016年のカンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞したケン・ローチ監督の代表作。
子供を連れたシングルマザーと、病気で働けない59歳のダニエル。
国の援助を必要とする人達が援助を受けることができない歯がゆさ、でも人と人との繋がりで絶望せずに進んでいく事ができるという温かいやさしさ… そんな沢山の感情が込められている作品です。


最初見ると、役所のやつら何やってんだよ!っていう怒りが出てくるんですが、よくよく考えると、彼らは彼らの仕事を忠実にやっているだけなんですよね…
その証拠に、この作品にはダニエル達の事を妨害してくる人、意地悪してくる人などはほとんど出てきません。

当たり前の権利を持てない、それ自体がとてもおかしな事。
普通に働き、納税しているのに、贅沢ができない。それも十分貧困なのではないか…と思いました。


ただ一つ引っかかってるのが、最重要のラストシーンが「是枝裕和×ケン・ローチ 映画と社会を語る」で思いっきり流されていた事!!
ダニエル・ブレイク見てないのにドキュメンタリー見るなよって事ですかね!?
ネタバレないまま見たかった!!!!