カテゴリ:

読書Output13冊目『「運がいい人」になるための小さな習慣』チサン・チョードリー著



【読書の目的】
・コンフォートゾーンという言葉(考え方)を知って調べていたらこの本にたどり着いた。
・「たった1分のルールで」というキャッチコピーがいい。
IMG_9467



































【エッセンス】

成功している人と積極的に付き合うべき

  1. なぜできないのかを因数分解し、その課題をクリアにしてしまえば、後には“できる理由”しか残らない。
  2.   人はある程度のストレスを感じる環境に置かれたほうが、高い能力を育み、発揮することができる。コンフォートゾーンでは成長することができない。
  3. 「いつものメンツ」との飲み会や集まりを減らす。
  4. 初めての人と飲みに行く約束をする。
  5. 運がいい人は「PDCA」より「DCAP」。D=Do(実行)C=Check(評価)A=Act(改善)P=Plan(計画)。
  6. 成功したいのなら、成功している人と積極的に付き合うべき。
  7. 居心地いい環境、気分のいい空間に身を置くことで、運の巡りも向上する。
  8. 自分に好意を持ってくれる人には、自分も好意を持ってしまう。「好意の返報性」という。
  9. 「ギブ&ギブ&ギブ」で与え続ける。
  10. 神社は何かをお願いしに行く場所と誤解している人も多い。成功者はお礼を伝えに行く。
【アウトプット】

適度なストレス環境に身を置いて、コンフォートゾーンから抜け出す

  1. ちょうど昨日、人員不足でどうしようか悩んでいた。これもできない理由探しをしていた。因数分解して考えないと。
  2. 緊張するプレゼンや脚本に積極的に挑戦しないと!
  3. これを読んで今週はいろんな人に会う予定。
  4. これも実践してみよう。
  5. 最初に実行があり、その成果を見ながら評価を行い、改善しながら動き続ける。計画はそのあとでいい。
  6. 成功している人をランチに誘おう。
  7. 例えばタクシーもそう。タクシーは贅沢品ではなく、快適な空間を買っている。=運の巡りも向上する。
  8. 相手のことを好きになる。
  9. これは「中田式ウルトラメンタル教本」にも書いてあって、まさに現在実践している。徐々に効果が出てきてる。
  10. ついついお願いしをしてしまう。今度から気をつけよう。

【雑記】
「ウンウン、確かにそうだなぁ」と思うことだらけで、実践していないことが多い。
コンフォートゾーンを抜け出すためには、もっと違う世界の人と交流をして知見を広げる必要がある。
これは確実にアウトプットしていこう。