カテゴリ:
いやぁ〜、観てきましたよ。超怖かった。
ホラー映画を観るのは、事務所の先輩、ブラジリィー・アン・山田さん脚本の
『こどもつかい』ぶりです。

 
私、『IT』って初めて観たんですがね、ピエロが出てますし、わりかしおチャッピィで
ハートフルな映画だと思ってたんですよ。
ところがどっこい! 超怖いではありませんか!!!(笑)

もう最初の1時間半とかお化け屋敷にいるような感覚でした。
ほら私、33歳(独身・彼氏なし)ですし、 おしゃまに映画を観るつもりだったんですが、
何度もビクッゥッ!となっちゃいましたよ。

で・・・・・。
原作者のスティーヴン・キング!!!!! 

やっぱり天才だぁあああああ! 
 
『スタンドバイミー』も『シャイニング』も傑作ですよね??
もう、なんとゆうか、思春期の揺れ動く感情とかどうやったらそんなに書ちゃうわけ?と思うわけですよ。『シャイニング』は思春期ではないんですが、バスタブの中からゾンビちっくな老婆を登場させるとか、なんかね、もう想像力がすごいわけです。スティーヴン・キング。

『IT』は原作を読んだわけじゃないので、実際はどうなのかな?
どう書いたのかな?と謎なんですが、ホラーなのに主人公がメンタル的な成長をするわけですよ。

自分のトラウマに立ち向かったり、今まで否定してきた(無視してきた)感情に向き合う。

映画の中盤まではただただ怖かったんですが、ラスト30分とか青春映画?ヒューマン映画?
なんでしょう・・・・

嵐のあとの晴れ感が半端なかった。

どう、どうやったらあんな話を思いつくのか、スティーヴン!!

『スタンドバイー』も本当によかった。ベストムービー。

ちなみに先週の日曜日にBARでアメリカ人の方とお話しする機会がありまして
私は英語はまったく話せないんですが、「アメリカのエンタメはすごいよ!CGもそうだけど、素晴らしい!」

映画の話をしまくりました。
「アメリカで有名な作家って誰?日本だと村上春樹が有名です」的なことを伝えたら
「スティーヴン・キングが有名だよ」と言ってました。

やっぱ有名なのか。
そしてそして・・・・・・・!

『スタンドバイミー』も『IT』も登場人物の少年少女の背景(どんな人生をおくってきたかなど)
超細かく・・・・丁寧に描かれててサイコー!

しかもね、金持ちでなんでも与えられて、人生スーパーさいっこう!!!
インスタ映えを狙ってドンベリぅええぇえぇ〜〜〜〜い!みたいなね、
そうゆうはっちゃけた人間像ではなくて、

虐待を受けてたとか、家族関係がこじれてるとか、なんですかね・・・・なにかを抱えた人間像だからいい。

「自分の人生最高です」と言い切れない子供たちが、困難に立ち向かって成長していく。

もう痛快ですよ。

これは私の好みなんですが、『弱者』と呼ばれる人たちが困難なことに立ち向かっていく話、大好きです。がんばれ!と思えます。


あ〜〜〜〜〜ん! 
スティーヴン・キング。素晴らしい小説を書いてくれてありがとう。
おかげさまで私の人生はまたひとつ、豊かになりました。

・・・・・・・・・・

映画は同じ事務所のみにさんと観に行って(私から誘った)
帰りに酒を呑んで映画の話をたくさんした。

作家同士で映画の話をすると、自分が気がつかなかった視点を聴けたりして楽しい。

『インタビューウィズバンパイア』の話になった時に、みにさんが「あの映画はなにかの性癖が生まれる映画だ」と言ってて、地味に面白くて時々思い出して笑ってる。


映画最高!!!!!!
この世に、映画があってよかった!
小説やアニメもあって良かった!

人様が作った物語になんど救われたことか!!

猫田の感想マンガ
IMG_0099IMG_0100IMG_0101IMG_0102