所属作家の詳細や脚本、企画、演出、映像制作のお問い合わせは
株式会社PTAオフィシャルサイトへアクセスしてください。
https://www.pta-harajuku.com/

【寺西南都】私はこうして作家になったpart1

カテゴリ:
作家・脚本家の寺西南都です。
一般的に作家という職業の方は
特殊な能力や経歴を持っている方が多いのですが
私自身はとても平凡な人間です。
そんな私がなぜ作家として活動できるまでに至ったのか
この連載でその経緯をご紹介させていただきます。 

動画コンテンツの制作、ドラマやアニメの制作において、成功を左右するものは何か?

その問いに対し、我々は最初に取り掛かる「企画」「脚本」だと考えています。
どんなにいいタレントがいても、どんなに宣伝を頑張っても、企画や脚本がいまいちではコンテンツは失敗に終わります。
 
PTA Inc.には第一線で活躍する放送作家、脚本家、広告プランナー、アニメーター、漫画家、作詞家が所属しています。
つまり「企画・脚本を考えるプロ」が集結しています。
各作家に得意分野があり構成作家は、Youtube動画・アイドル系・企業系・教育系・生配信など、脚本家は、ホラー・サスペンス・子ども向け・人情系、など多岐に渡ります。
映像ディレクターやプロデューサーも所属しているので、企画→構成(脚本)→撮影→編集→納品まで一気通貫で請負えます。

ご相談は無料です。
放送作家と脚本家がピタッ(PTA!)とハマるご提案をします。

PTA Inc.公式 クリエイター一覧へ

【米内山陽子】私はこうして作家になったpart4

カテゴリ:
劇団の旗揚げ、結婚、妊娠など、様々な経験を経て
一時期は演劇から遠ざかっていた時期もありました。
そして、出産を機に、私は仕事に対する向き合い方を変えました。
そこから、私の脚本家としての本格的なキャリアがスタートします。 

カテゴリ:
高校時代、私は俳優を目指し
ミュージカルの子役としてキャリアをスタートしました。
しかし、歌や踊りが思うように上達せず悩む日々。
そんな時、高校の演劇大会で「生徒創作」に出会いました。 

【ブラジリィー・アン・山田】私はこうして作家になったpart4

カテゴリ:
20代の頃からコツコツやってきた劇団活動が評価され、
映像脚本を書いてみないかと声がかかるようになり
なんとか“生業”としての作家になることができました。

【ブラジリィー・アン・山田】私はこうして作家になったpart3

カテゴリ:
『作家になれた』――この言葉を定義するのはなかなか難しいのですが、
元々、俳優として活動していた私が、
その後、作家として成長したと実感するきっかけは3つあります。

【ブラジリィー・アン・山田】私はこうして作家になったpart2

カテゴリ:
現在は作家、脚本家として活動していますが
以前は劇団に所属し、俳優で食っていくことを目指していました。
双数姉妹という劇団に所属し、その後、東京オレンジに移籍。 

このページのトップヘ

見出し画像
×